こみっと日記
其の19

こんにちは。
大雪の次は大寒波ということで、本日は地面もつるつる、空気もひやひやと、寒さが苦手なので身に沁みます。

そんな中で昨日真冬の外面談をして参りました。
何故外面談か・・・(こみっとはその方の面談しやすい形で、場所を決めて臨機応変に対応しています。)
それはいろいろと理由?がありそのスタイルがお決まりになったのですが、お会いするのも夕方なのでお互い白い息を吐きながらお話してます。

その方はお仕事を探されていた中で、深夜帯の求人に応募されて現在すでに半年となりました。

深夜帯のお仕事なので、実は内心どうかな?大丈夫かな?と思っておりましたが、比較的夜の方が強いお方だったので、「続けていけているコツはなんですか?」と聞くと「夜には強いからかな」とおっしゃっておりました。

最初清掃だけだったお仕事も、今や調理やドリンク作りなども任され、新しくは入った人にもアドバイスなどもしているとの事。店長の信頼も厚くなっていました。
深夜帯のお仕事は回転も速いので、今はその中でも「仕事の事は色々わかってきている人」になっていました。

いまさらながら「なるほど」と感心しました。
一般的に昼起きて、夜寝るのが当たり前でも、夜起きていることが多い事で、今回のお仕事にとっては「強み」になるのです。

働くスタイルは今は多くあります。
「弱み」だと思っていることも「強み」に変化出来る事もあると言うことは、私たち就労支援の中でもとっても大切なことだと、忘れてはならないと思いました。
それを再確認させてくれたと感じました。

けれども、何より、仕事の中でミスもあったり、落ち込んだりしばがらも、仕事に向かい合うという姿も、力だと感じました。

そんな事を感じさせてくれるのも、サポートをさせて頂いているおかげです。

【サポートを受ける側】=【サポートをする側】
=(イコール)で互いに影響し合っているなと、思いました。

皆さま、今日もお足下にお気をつけて歩かれて下さいね。