• TOP
  • >
  • 地域との活動

social action地域との活動page 19

2018.06.15

「工房アルテ」

「工房アルテ」
Parquetグループの、ものつくり・地域活動です。
アルテは、不要となった「MONO」を、笑顔の地域活動で活用しております。
副産物として「製品」や「お仕事」や「学びの機会」や「自己表現」が生まれると思っています。
ですので、あるところで不要になったMONOたちは、アルテにおいては「笑顔のたね」になります。
今日は、又新しい「たね」のご紹介を受けて見に来ております。大量の布類の素材です。扱いやすい布類は以前から欲しかったので、本当に有難いです。
ちょっと相談すれば色々ご提供頂けるこの地域にとても助けられています。アルテを通じた、関われる方や、関わり方の選択肢も地域に対して増やしていくタイミングなのかな、と思ってます。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕

2018.06.12

ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」

ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」
Parquetグループの「空き家活用」地域活動です。
雨が降るたびに夏野菜たちは大きく成長。
子供が植えた花たちは今日もきれい。
キュウリ、スナックエンドウは収穫開始。
トマト・スイカ・枝豆・パプリカ・落花生は成長中。
ジャガイモは収穫に向けて枯れてきた。
枯れてしまったキャベツから採った種を蒔いたら、すぐに芽が出てきた。
さて、室内も動こうかな・・のんびり構えよう。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕

2018.06.10

「カード/アナログゲーム」

「カード/アナログゲーム」
子供とカードゲーム・アナログの遊びを通じて、交流を図る小さな活動です。
今日は、「アルテ」の場所を利用して、ご近所の施設にお住いのお子さんを交えて、「流しそうめん」の会。
子供ですから、食べたら終わるわけも無く、半日カードゲームはもちろん、鬼ごっこ・かくれんぼなど大騒ぎ。
流しそうめん機もおもちゃだし、そうめんと一緒に竹輪とミニトマトも流れてる。付け合わせもお近くの総菜屋さん。おやつは子供たちが作ったフルーチェ。いずれも、手の込んだものは無いけど、「何をするか」より「誰とするか」なんだなきっと。
大騒音の中、アルテで試作品つくりを進めることも出来ました。雨の日に、ちょっとしたことが出来るインフラが有って、良かった良かった。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕

2018.06.07

「工房アルテ」

「工房アルテ」
Parquetグループの、ものつくり・地域活動です。
GW前から取り組んでいた「ウルトラファブリックス・ホールディングス様」へのノベルティバッグ・追加製作100個がひとまず終了しました!関わって頂いた方々、ひとまずお疲れ様でした!あとは、納期まで制作を進めて、バランス整えて、検品して出荷となります。
前回の残布から製作開始して、途中追加納品の布に差し替えたりして、結果全24色のカラフルな出来上がりになっています。落ち着いたブルーとかは多めになっています。
笑顔の中で制作したバッグたちが、誰かの手にわたった先で、笑顔をつないでくれるといいな。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕

2018.06.06

「カード/アナログゲーム」

「カード/アナログゲーム」
子供とカードゲーム。アナログの遊びを通じて、子供同士・子供と大人が交流を図る小さな活動です。
「空き家/ぱる家」で、「工房アルテ」で、グループの事務所をお借りしたり、場所は色々でしたが、基本週一で活動を始めて1年くらいになってます。
時には空き家活動とか、調理とかも組み込みましたが、外向けの人集めイベントはしないので、2~6人で地味~に活動。
「連れて来たい」と関わる人が言えばメンバーが増える。調理とか「やりたい」と言えば準備する。あくまで参加者の意見に合わせて運営側の私がやるのは、スケジュールの調整と事前準備だけ。
意図的に動かなくても、続けていれば何らかの成長はしていくはず。「たくさんのみんなでおなじこと」が「正しいこと」のように扱われ、無意味に大きくして「定期に続ける」ことが難しくなる例を多くみている。本末転倒なことにならないように、参加者の身の丈に合わせて継続しよう。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕

2018.06.03

「ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」

「ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」
Parquetグループの「空き家活用」地域活動です。
天気のよい週末は、「ぱる家」のお庭活動。
きゅうり、すいか、トマトの花がきれい。
きゅうりは、あっという間に収穫が始まる!
水撒きして、種まきして、芽が出て喜んで。
とかげを追っかけて、運よく捕まえても、すぐにお庭に帰してあげる。ゆる~い空間です。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕

2018.06.01

「工房アルテ」

「工房アルテ」
Parquetグループの、ものつくり・地域活動です。
アルテでは、「手作り品・代わりのない一点もの」つくりのために、日々素材探しをしております。
ここ数日掛けて、とあるショッピングセンター内の雑貨店閉店の残品引き上げをしてまいりました。ここらは前職でお世話になっていた方からのご紹介です。変わらぬご縁を頂き、有難い限りです。
服飾品の残なので、布やビーズなどの素材となりうるものを車一杯頂きました。又、近々夏仕様に変更したいディスプレーに使える什器や、販促物も頂いて参りました。
有難く活動に使用させて頂き、「ものつくり」させて頂きます。そしてみんなの「笑顔」に変えて行きます。
量の大小・内容にかかわらず、アルテの活動に使えそうな素材=素敵な「種」をお持ちの方がいらっしゃったら、ぜひお声がけください。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕

2018.05.29

「工房アルテ」

「工房アルテ」
Parquetグループの、ものつくり・地域活動です。
Parquet(パルケ)は「寄木」の意味です。
そんなグループのコンセプトを、アルテのものつくりで表現すると、「パッチワーク」になると思います。
主に「端切れ」から製品・ノベルティを作る中で、二次的に発生する「端切れ」を使用するこのパッチワークは、アルテとして大事にしていきたいものになります。
今回は、そんなパッチワークで利用者さんに「名刺入れ」を制作してもらいました。そんなコンセプトをいつも持ち歩いていようと思います。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕

2018.05.28

「ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」

「ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」
Parquetグループの「空き家活用」地域活動です。
噴き出る水も(完全ではないけど)抑えられたので、やっとお庭の蛇口からホースを使っての水撒き。
菜園も一気に夏物に衣替え。
キューリは早々に実をつけ、トマト・スナックエンドウ・スイカ・枝豆・パプリカ・ジャガイモが成長中。ヤモリを探しに来た息子に手伝ってもらって、土作り~落花生も種まき。
季節感ある・のんびりした活動です。
〔Parquetグループ地域活動 鈴木〕

2018.05.24

「工房アルテ」

「工房アルテ」
Parquetグループの、ものつくり・地域活動です。
ウルトラファブリックス・ホールディングス様への追加製作100個は、順調に進行中です。
ブルーを多めにして、前回より落ち着いた色合いで、約半分くらいが仕上がってきています。
手提げ部分は前回より色目を多くしています。だいぶ経験値が上がってきているようで、本当に様々な組み合わせになっていると思います。残りの半分で、頂いた新色を使って、色合いの調整や、目を引く色を差し込んで行く予定です。
参加検討の見学もポチポチ来て頂いております。
天候・気温が不安定なので、体調崩す方も居ますが、アルテはマイペースで参加して頂ける、そんな地域の工房を目指してます。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕