history沿革

特定非営利活動法人 ゆるら 一般社団法人 WING-NETWORK
1998年10月 共同作業所マーキー開設(医療法人社団東迅会設置)。
Marquee運営委員会発足。(NPO法人ゆるら前身)
2002年4月 山本俊爾が入職。
同年Marquee所長となる。
2004年2月 共同作業所Marquee、錦町に移転。
2006年 東迅会理事会でMarqueeの独立が承認される。
2007年6月 NPO法人設立総会を開催。
法人設立準備委員会が発足(後の理事会)。
2008年2月 特定非営利活動法人ゆるら設立。
須﨑三代子が理事長に就任。
2008年4月 共同作業所Marqueeが東迅会より移管される。
2011年4月 共同作業所Marqueeが立川市の委託を受け地域活動支援センター(Ⅱ型)に移行する。
2012年4月 IPSモデルの就労支援事業所「社会生活サポートセンターこみっと」開設。
2013年3月 計画相談事業所「地域相談室ぽらりす」開設。
2014年6月 社員総会にて須﨑理事長が退任。
精神科医の岩谷潤が理事長に就任。
2014年7月 放課後等デイサービスWING日野駅前、開設。
(設置主体:株式会社イーエックス)
2014年11月 一般社団法人WING-NETWORK設立。
鈴木浩が代表理事に就任。
2015年2月 特定非営利活動法人ゆるらと一般社団法人WING-NETWORKとの連携開始。
リカバリーカレッジの設立準備を始める。
2015年7月 リカバリーカレッジたちかわ運営員会が発足。 リカバリーカレッジたちかわの専門課程「すぺぃろ」開設。
2015年10月 リカバリーカレッジたちかわ開校。学長に小松廣美が就任。オープンキャンパスを実施。
2016年1月 山本俊爾が代表理事(副理事長)に就任。
2016年4月 ゆるらがリカバリーカレッジたちかわの設置主体となる。 放課後等デイサービスWING日野駅前を株式会社イーエックスより移管される。
2016年9月 グループ名称を法人内で公募し、300以上の候補から「PARQUET」(=寄せ木)に決定する。
2016年11月 東京大学・宮本有紀准教授の研究チームとの連携で、職員がイギリスのリカバリーカレッジを視察。
2017年4月 PARQUETグループ設立。