• TOP
  • >
  • 地域との活動

2018/6地域との活動social action

2018.06.29

「工房アルテ」

「工房アルテ」
Parquetグループの、ものつくり・地域活動です。
今日は、ウルトラファブリックス・ホールディングス株式会社様に、ノベルティ・バッグ100個を箱詰めして納品させて頂きました。試作品としては、端切れとともに発生する布を活用したクッションも、一緒に納めさせていただきました。
先方の中野会長をはじめ、関係幹部の方々とは、今現実的に取り組めること、平均した作業量にしていく納品方法、リピートが望める消耗品的な製品の提供先の検討、そしてその先の妄想など色々長時間にわたり、お話させて頂きました。継続・持続可能な形を検討して頂いており、大変感謝しております。
今後も、現実的なクォリティアップとみんなで楽しんで拡げていく部分をバランスよく進めて行きたいと思います。

2018.06.26

ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」

ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」
Parquetグループの「空き家活用」地域活動です。
今日は朝一で畑仕事。草むらと畑を混ぜた様なにおいがお庭からするようになってきてます。作物を育てる土になってきているようです。変な植え方するたびに、ご近所の方に「こうやったほうが良いよ。来年もう一度だな」と言われ続けているうちに少しは成長しているようです。言われていたことの意味も少しだけ理解できるようになりました。
もうそろそろ収穫期のジャガイモを1茎分抜いてみました。
まだまだ小粒ですが、たくさん収穫出来ました。
このジャガイモはシャドウ・クイーンという紫色のジャガイモです。もうそろそろ子どもたちと引っこ抜こう。
そして来年は、もっと大きく育てられるように頑張ろう。
ぱる家も「ことこと」やっていきます。

2018.06.24

「Parquetグループ地域活動」

「Parquetグループ地域活動」
Parquetグループでは、「リカバリーカレッジたちかわ」「工房アルテ」「空家活動/ぱる家」など、地域活動を色々展開・試行錯誤しています。うまくいくところ、行かないところ、色々あるんですが、「広大で緻密な構想」より「小さくても不完全でもやってみて積み上げること」を大事にしているつもりです。
「工房アルテ」では「リカバリーカレッジたちかわ」のグッズを試作しています。手作りの良さと、色々な素材を活かして、一部はご見学にいらした方へ提供しております。
地域活動は、自己完結に向かいやすいんだな~というのは、やってみてわかったこと。なので、Parquetグループでは折角色々やってみているので、「地域活動⇔地域活動」の連携も進めていきたいと思ってます。まずは身内の一部から。
何事も小さな積み上げです。「ことこと」やっていきます。

2018.06.22

「カード/アナログゲーム」

「カード/アナログゲーム」
子供とカードゲーム・アナログの遊びを通じて、交流を図る小さな活動です。
今週もこっそり活動。
カード相手のお兄さんを待つ間、子供を「工房アルテ」の加工に誘ってみる。試しに作り始めた「木工」の製品を、やすり掛けしてもらった。
「こういうの得意なんだ」「こういう仕事がいいな」という言葉が聞ける。楽しそう。
枠の無い中で、あまり色々出来るようにしておくと、色々気づけることが多くて良い。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕

2018.06.21

「工房アルテ」

「工房アルテ」
Parquetグループの、ものつくり・地域活動です。
月一回のアルテMTを近くの中華屋さんで食事をしながら行いました。写真は食べ終わった後・・ここまでの進捗と、これからの予定を参加者で共有しました。
先日お伝えした布類ですが、日野市の地域団体様から、大量の布や、素材などを引き取らせて頂きました。ありがとうございます!
パーツや、器具などはまだ頂けそうです。布の加工は、本革・合皮よりやりやすいので、活動の幅が一気に広がりそうです。
あまりにも大量なので、「空き家/ぱる家」に保管。後日整理する予定です。一人で車に何度も載せて移動したんですが、前職がリサイクルショップなので、この作業も苦になりません。何事も無駄な経験は無いもんですね。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕

2018.06.19

「フードバンク」

「フードバンク」
Parquetグループでは、グループの利用者さんや地域の方の生活の一助になればと思い、とあるフードバンク様から、物資の提供を受けています。
今月も、取りに行ってきました。
今の時期にはありがたい飲料を中心に色々頂いてきました。
関わる方の一助になれば。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕

2018.06.17

ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」

ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」
Parquetグループの「空き家活用」地域活動です。
梅雨空の合間に、子供と少しだけの収穫と、種まきと植え替え。
ゆっくり、少しずつ、こじんまり、でもちゃんと続けて、地域に溶け込めれば良い。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕

2018.06.16

常勤職員

Parquetグループで常勤職員を募集いたします。お気軽にお問い合わせください。

職種 支援員
業務内容 法人グループの各部署での障害者・児の支援業務

【具体的には】

こみっと(就労移行支援事業所)

・個別就労支援(ケースワーク、アウトリーチ支援、企業訪問など)

すぺぃろ(生活訓練事業所)

・個別支援、相談業務、プログラム運営など

放課後等デイサービスWING日野駅前

・活動支援・療育、事業運営、事務

 

※部署間の異動がある場合があります。

 

【キャリアアップ】

・支援員として支援の質を高め、視野を広げて行く中で、主任やセンター長、複数拠点と統括する管理職も目指せます

勤務地 立川市、日野市
勤務時間 事業所による

こみっと 9:15~18:15

すぺぃろ 9:15~18:15

WING日野駅前 シフト制(9:00~18:00/10:00~19:00)

休日・休暇 週休2日(日曜・他1日)

夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、特別休暇、有給休暇(入社6カ月後に初年度分10日付与)

必要経験・資格 学歴・経験不問

【歓迎】
・業種問わず社会人経験のある方
・相談支援・直接支援の経験がある方
・福祉・介護・保育業界の経験がある方

社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、社会福祉主事任用資格、臨床心理士、作業療法士、言語聴覚士、理学療法士、児童指導員任用(小中校の教員免許含む)、保育士、看護師、ヘルパー2級以上の資格をお持ちの方歓迎

 

【こんな方を求めています】

・利用者さんの「こうしたい!」を否定せず、心底信じて一緒に動ける方

・受け身ではなく自分から積極的に周囲と一緒に何かを生み出そうとしていく方

雇用形態 準社員(正社員登用制度あり)
給与・手当 月給18万円~40万円(経験、資格などによる)

手当:通勤手当

応募プロセス 【お電話の場合】
お電話していただいた後、ご希望の職種・勤務地を記載の上、下記まで履歴書・職務経歴書をお送りください
郵送先:〒190-0012 東京都立川市曙町2-34-6 小杉ビル3階 すぺぃろ内(採用担当:山本)
連絡先:042-525-7579(事業所名:すぺぃろ/採用担当:山本宛)【メールの場合】
ご希望の職種・勤務地を記載の上、下記のアドレスへ履歴書・職務経歴書を添付しお送りください。(少々お時間を頂く場合があります。ご了承ください)応募先アドレス:info@parquet.jp

2018.06.15

「工房アルテ」

「工房アルテ」
Parquetグループの、ものつくり・地域活動です。
アルテは、不要となった「MONO」を、笑顔の地域活動で活用しております。
副産物として「製品」や「お仕事」や「学びの機会」や「自己表現」が生まれると思っています。
ですので、あるところで不要になったMONOたちは、アルテにおいては「笑顔のたね」になります。
今日は、又新しい「たね」のご紹介を受けて見に来ております。大量の布類の素材です。扱いやすい布類は以前から欲しかったので、本当に有難いです。
ちょっと相談すれば色々ご提供頂けるこの地域にとても助けられています。アルテを通じた、関われる方や、関わり方の選択肢も地域に対して増やしていくタイミングなのかな、と思ってます。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕

2018.06.12

ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」

ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」
Parquetグループの「空き家活用」地域活動です。
雨が降るたびに夏野菜たちは大きく成長。
子供が植えた花たちは今日もきれい。
キュウリ、スナックエンドウは収穫開始。
トマト・スイカ・枝豆・パプリカ・落花生は成長中。
ジャガイモは収穫に向けて枯れてきた。
枯れてしまったキャベツから採った種を蒔いたら、すぐに芽が出てきた。
さて、室内も動こうかな・・のんびり構えよう。
〔Parquetグループ全体経営統括 鈴木〕