• TOP
  • >
  • 地域との活動

2018/12地域との活動social action

2018.12.19

「工房アルテ」

「工房アルテ」
Parquetグループの、ものつくり・地域活動です。
日々、笑顔と悲鳴の絶えないアルテです(笑)
あたらしいもの・サンプルを作り始めると、あちらこちらから「キャー外れちゃった」「寸法間違ったかも~」と、色々な声が聞こえてきますが、アルテは全然大丈夫です!
サポートして頂いている企業様から、次々に新しい素敵な素材が届いてますので、大丈夫です!いっぱいあるから大丈夫です!
最悪でも再度素材に戻せば良いんだから大丈夫です!
逆に、その見本と違うものが新しいアイデアの基になって有難いくらい!
何より、こうやって活動しているだけで、イラナイモノだったものがステキナモノになるから大丈夫!
「失敗」が無いんです、アルテには(^^)/
こんな環境で、ものつくりが始めることが出来る方が増えたらいいな、って思ってます。

2018.12.15

ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」

ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」
Parquetグループの「空き家活用」地域活動です。
草むしりが寒い時期です。でも子供たちが手伝ってくれます。
躓きやすい、根っこも切ってくれました。
お陰で、ご近所さんに頂いた種からも芽が出て、緑が増えております。季節感あふれる活動です(苦笑)

2018.12.12

「アルテ」×「児童活動」

「アルテ」×「児童活動」
普段は「カード/アナログゲーム」などで子供と交流を図っている小さな活動ですが、アルテの素材を使って、一緒に何かすることもあります。
木工もそんなひとつなんですが、もう少し道具を使う事への負担が少ないものがあればな~と思い、アルテから出る端切れを使った活動を試しています。
合皮の端切れを使って「貼り絵」をやってみました。最初だからうまくいかないこともあるんですが、思ったより良い風合いが出るので、もう少し工夫してみようと思います。かの何ディスプレーとか、活かせる方法を考えてみます。何が誰に「はまる」かなんてわからないので。

2018.12.09

「工房アルテ」

「工房アルテ」
Parquetグループの、ものつくり・地域活動です。
年明けからの「リカバリーカレッジたちかわ冬講座」に向けて、ノベルティ制作が進んでおります。
現時点でお披露目できるところまで進んだのが、
・学生さんにお貸出ししてるカードホルダー
・横向き封筒
になります。
いずれも、学生さんや関係者さんから頂いた声を反映したグッズになっています。封筒のスタンプのデザインも自由度を増しています!
学生さんとのコミュニケーションで新しいグッズが生まれていくのが、アルテの良さなんだと思います。
楽しく作らせて頂いております!

2018.12.06

「フードバンク」

「フードバンク」
Parquetグループでは、グループの利用者さんや地域の方の生活の一助になればと思い、とあるフードバンク様から、物資の提供を受けています。
今月も、往復3時間掛けて取りに行ってきました。色々な種類のお菓子や食品を、沢山分けて頂きました。
アルテの年越しそばもGETです。
これが今年最後の補充になります。
年末年始に向かうこの時期。寒くもなってくるこの時期に、ちょっとでも食卓やおやつの足しになって、くれたらいいな、とおもいます。

2018.12.03

ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」

ともにつくる居場所・地域の縁側 ぱる家」
Parquetグループの「空き家活用」地域活動です。
ティッシュにくるまっているのは、種です。
草取りしてたら、お向かいさんから頂きました。
身支度もされていないご様子なのに、おうちから出て来て頂いて「種余ってるんだけど要らない?」って。
蒔き方とか教わりつつ、「いつも良く手入れしているから」ってお褒め頂き、しばらく談笑。
次私が来た時に渡そうと思って、用意してくれてたみたい。お一人住まいが多い「地域」では、こういう機会を喜んで頂けるようです。
「地域活動」って何なんでしょうね?
「〇〇センター」作ったり、「〇〇会」催したりとは、きっと違う気がしてます。